つづれ織り〜so far and yet so close〜の基本情報

曲・BGMタイトル

つづれ織り〜so far and yet so close〜

アーティスト・歌手名

GLAY

(グレイ)

この楽曲の発売年

この楽曲のジャンル


つづれ織り〜so far and yet so close〜の動画


つづれ織り〜so far and yet so close〜の詳細情報


結婚式・披露宴で『つづれ織り〜so far and yet so close〜』を使った先輩新郎新婦の口コミ

  • GLAYのライブでこの曲を聴いたときに涙が止まらず、その時に「愛している人にその思いをしっかり伝えてほしい」とメッセージを受けました。

    自分自身が落ち込んだ時にこの曲を聴くと、いつも励まされ立ち直る力をもらっていた大事な曲でした。

    結婚相手に対する愛情だけではなく、家族や支えてくれている人たちすべてに対する愛情を歌っている歌だと感じました。結婚式では両親への感謝を伝える場面でこの曲を使いたいとずっと思っていました。

    両親へのプレゼント贈呈の場面でこの曲をかけて意味をかみしめ、両親への感謝や愛情を伝えました。

    口コミ投稿者:ひーこさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • GLAYが大好きだったので、結婚式に使う音楽は全てGLAYでまとめました。

    その中でも新郎新婦の入場曲は、来てくれた招待客の方々が披露宴で一番最初に耳にされる音楽なので悩みました。

    つづれ織りはGLAYの楽曲の中でもかなりマイナーな曲で(当時は1枚のあるベストアルバムにしか入ってなかった)、使うかどうか迷ったのですが、イントロの入り方や謡だしの「降り積もる想い出よりアナタを愛してる」という歌詞がぴったりだと思い選びました。

    GLAYファン友達の親友が号泣したのでヨシとします(笑)。

    口コミ投稿者:輪廻さん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン

つづれ織り〜so far and yet so close〜を結婚式でBGMに利用された新郎新婦の方へ

結婚式・披露宴でつづれ織り〜so far and yet so close〜をBGM・ウェディングソングとして使用された新郎新婦の口コミを募集しています。これから挙式を控えている新郎新婦の為に、つづれ織り〜so far and yet so close〜の結婚式・披露宴の思い出を伝えて頂けませんか。