家族になろうよの基本情報

曲・BGMタイトル

家族になろうよ

アーティスト・歌手名

福山 雅治

(フクヤマ マサハル)

この楽曲の発売年

この楽曲のジャンル


結婚式・披露宴で『家族になろうよ』を使った先輩新郎新婦の口コミ

  • 結婚披露宴の最後はバラードで、家族を感じさせる曲が良いよね、と夫婦の意見が一致して採用しました。

    親族のみのコンパクトな結婚式だったので、「家族になろうよ」というメッセージはその場の全員に向けてのメッセージでもありました。歌詞の中にも家族をリスペクトする内容があるのが良いです。

    結婚は2人だけの事でなく、親、そして子へと受け継がれる素敵な事だと感じる曲で、良い結婚式だったね…幸せだね…と、当日はもちろん、今でもしみじみしてしまう大切な曲となっています。

    口コミ投稿者:mimaさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 結婚披露宴に流すエンドロールは自分で作成する予定だったため、ウエディングソングの中でも人気のある鉄板ソングという事で、福山雅治の『家族になろうよ』を選曲しました。

    手作りムービーは、ネットで検索した他の方のやっていた内容を参考に、出席して下さった友人・親戚等の名前を一人ずつ新郎新婦で書いていき、全員分の名前を書いて早送りの編集を行う内容のものにしました。

    手がこんでいる内容で良かったと多くの方に言っていただけましたが、何よりも、またBGMが合ってて思わず泣いちゃったと言ってくれた方もいらっしゃるくらいでした。

    口コミ投稿者:ITさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 福山さんの歌が昔から好きで、自分が結婚式を挙げる時は必ず1曲入れたいと以前から考えていました。タイトルの通りここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたくて、この曲を選びました。

    歌詞の中に出てくる「いつか父さんみたいに大きな背中で、いつか母さんみたいに静かな優しさで」は本当にリンクするものがあって、夜泣きが酷かった私は父におんぶしてもらって夜な夜な公園にいったそうです。私もうっすらですが覚えています。

    今は父より私の方が背が高くなってしまったけど、大きくて温かい背中が大好きでした。私もそんな温かい家族を主人と作りたいなと思っています。

    口コミ投稿者:あおあおさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • もともと福山雅治の『家族になろうよ』が好きで、ずっと自分の結婚式ではこの歌を流したいと思っていました。主人と知り合ってからも、この歌をよくドライブなどで聞いていました。

    お互いに結婚式の歌を選曲しているときに、一番にこの「家族になろうよ」が思いつきました。結婚式にはぴったりな歌詞の内容だと思います。

    実際に、結婚式で流した際も、歌詞が良くて感動的でした。結婚式の定番ソングのようになっていますが、やっぱり改めていい歌だと思いました。

    口コミ投稿者:eriさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 新婦の手紙は結婚式の一番の醍醐味という事もあって、どういう曲を流すかとても悩みました。

    この曲の他にも候補はあったのですが、やはり皆が知っている曲で感動が起こりやすい曲にしようということで福山雅治さんの『家族になろうよ』にしました。

    また、この結婚式を機に本当の家族になっていき、自分の両親とも、義理の両親とも家族としてこれから一つになっていくという意味を込めて、この曲を選びました。

    感謝の気持ちと共に、いつかお父さんやお母さんみたいになるね、という気持ちの詰まった音楽を使って正解でした。

    口コミ投稿者:m27さん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 自分たち夫婦だけでなく、義理の父、母、兄弟姉妹になる方々に向けても「家族になろうよ」という言葉を伝えたかったからです。

    もともとこの曲自体が好きで、披露宴のどこかでは流したいと決めていました。ちょうど、この曲を歌っている福山雅治さんが結婚されたばかりだったこともあり、あやかりたいという気持ちも少なからずありました(笑)。

    落ち着いた曲調や「回想」「出会い」「未来」そして「家族」に関する歌詞が結婚式にぴったりだと思いました。

    口コミ投稿者:531さん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 私の母・彼の母が両方とも福山雅治のファンということでこの曲にしました。2人ともこの曲で大号泣でした。

    『家族になろうよ』というタイトル通り、家族になるんだなという思いがさらにわいてきて私も感動しました。

    お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが歌詞の中に出てきて出てくる度に思いがこみ上げてきました。

    この曲の歌詞のように、素敵な家庭を持っていきたいなと私も思いました。

    本当に素敵な歌なので福山雅治さんのファンでない方にもおすすめしたいです。

    口コミ投稿者:mocoさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • プロフィールムービーで使用した理由は、今までのたくさんの思い出の写真が流れる中で、そのビデオを披露宴に招待した友達や知人に見ていただくよりも、相手の家族に見ていただくことをメインに考えていたからです。

    二人が出会う前の写真も家族の方に見ていただいて自分のことを知って欲しいという思いがありました。

    また自分の家族にも、写真を振り返って「ここまで大きく育ててくれてありがとう」という思いを伝える為にこの楽曲を選択しました。

    口コミ投稿者:kztさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 歌詞の中の『いつかお父さんみたいに大きな背中で、いつかお母さんみたいに静かな優しさで』、『どんなことも越えていける家族になろうよ』という部分が大好きで、父と母へのメッセージも兼ねて、両親への花束贈呈の時にこの曲を流しました。

    これは夫も同じ考えだったので直ぐに決まりました。

    結婚披露宴の後で、両親が素敵な曲だったね、と言ってくれたので、この曲を選んで良かったと思いました。両親への感謝の気持ちがより伝わる曲だと思っています。

    口コミ投稿者:nachさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 初めて『家族になろうよ』を聞いた時から、結婚式のどこかで必ず使用したいと思いました。

    また母が福山雅治のファンだったということもあり、一番最初に候補にあがりました。エンドロールに選んだ理由は、ゆったりとした曲調で結婚式の当日の映像を感動的に演出するのに最適だったからです。

    さらにこの曲にはウェディングバージョンもあり、まさに結婚式のラストを飾るのにぴったりだったからです。思った通り、エンドロールでは出席していた人ほとんどが感動して泣いていました。

    口コミ投稿者:ミーナさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 結婚式の定番ソングになりつつある、福山雅治さんの「家族になろうよ」ですが、妻がこの曲が大好きで選定しました。

    私も歌詞を聴いてこの曲は本当にいいなと思ったので、妻に同意しました。

    歌詞の中のサビ部分で、「いつかお父さんみたいな・・・いつかお母さん・・・」の箇所が夫婦2人とも特に大好きな場所で、両親への花束贈呈で使用しました。

    福山雅治さんの渋い声が歌詞と合っていて、結婚披露宴本番では感動して、妻も私も涙が出てしまいました。

    口コミ投稿者:おさむさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 結婚披露宴では、両親へ読む花嫁の手紙と、その後の花束贈呈に福山雅治の『家族になろーよ』かけました。

    ゼクシィのCMで聞いた瞬間から大好きになった曲で、聞きこむほどに歌詞の素敵さに惚れ込んだ曲です。「♪小さいころは身体が弱くて♪」など、自分自身とリンクするところもあるのも良かったです。

    普段はなかなか家族に感謝を伝える機会はありませんが、この歌詞の内容を両親にそのまま伝えたいという想いでした。結婚披露宴の他のシーンの選曲は迷いましたが、この曲だけはすぐに決められましたよ。

    口コミ投稿者:yachicoさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 2つの家族が一緒になって新たな家族になるということで、福山雅治の「家族になろうよ」は私がイメージしていたピッタリのタイトルでした。

    歌詞の中には、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんへの憧れの想いが書かれており、普段は面と向かってなかなか言うことができないのですが、プロフィールビデオを作り歌を通して写真と共に両親、家族へ想いを伝えることができました。

    家族の中には亡くなってしまった人もおり、家族や親族が今回の結婚式のプロフィールビデオを見て、改めて家族の絆が強まったと感じました。

    口コミ投稿者:hugdingさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • 初めは結婚式の定番な曲を使うのが嫌だったので、他のアーティスト中島みゆきの糸や、JUJU、ミスチルなど候補は上がっていたのですが、やはり福山雅治の『家族になろうよ』になりました。

    この曲を選んだ理由は歌詞を聞けば聞くほど良く、選曲していた時にこの曲の番がきた時、自然と涙が流れ、いい曲だなと改めて感じた為です。

    私の家族がすでに他界しているものが多く、家族に対する愛情、思い入れ、理想が人より強いかもしれません。その為か、この曲を聞いたとき家族になって幸せになろうよという、どストレートな歌詞に共感し選択しました。

    口コミ投稿者:さよリンさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン
  • まだ付き合い始めたばかりの時に、彼氏の知り合いの方々と行ったカラオケで福山雅治の『家族になろうよ』を歌っている方がいて、この方がものすごく歌が上手くてジーンとなっていたら、彼氏から『この曲いいね!結婚式で使おう!』と言われ、付き合い当初から結婚式で使う曲と決まっていました。

    お互いの携帯の着信音もこの曲に設定していて、私と主人にとってとても思い出深い曲です。

    今でもこの曲を耳にすると当時の気持ちを思い出して、ほっこりした気持ちになり幸せだなと感じます。

    口コミ投稿者:このなさん

    挙式をした年・月
    結婚式・披露宴でこの楽曲を使ったシーン